早期食道がんを発見するには・・2

 食道がんの発見には自分のカンを信じる必要があります。

ただやみくもではだめでそれなりの経験と自信が必要です。

内視鏡検査での悪性、良性の最終判断は病理の検査です。

しかし、病理の検査は白黒はっきりつかない検査です。

よって内視鏡検査ではおかしい・・・と思っても病理の検査で異常がないと判断された場合、再検査を時期を見てする必要があります。

おかしい・・・と思って検査したけど、病理の検査が良性だった・・・オッケーとするのは危険だということです。

普通は病院に来られない患者さんの場合はご自宅にお電話を何度もいれて説得する必要があります。

今回ご提示させていただく患者さんも一回目の病理の検査では悪性とは結果が出なかったのですが、どうもおかしい・・・どうしても再検査が必要と考え奥様も含めて日程を調整し、初めて食道がんの結果を極めて早期に出すことに成功しました。

自分のカンが正しかった・・・ということです。

 

コメントは受け付けていません。